スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に発売を迎えた最新作「FFXV」をクリアしたので感想を記しておきます(ストーリーネタバレ無し)

ゲームレビュー・感想
12 /03 2016
FINAL FANTASY XV_20161205172017
「ファブラ ノヴァ クリスタリス」と呼ばれる新しいFFシリーズプロジェクトの内の一つとして
「FINAL FANTASY Versus XIII」が発表から約十年。
名を新たに「FF15」として、遂に発売日が訪れました。
当初から心待ちにしていた身としては、生きて発売日を迎えられたというだけでも感慨深いものがあります…。

「アニメ版5話+CG映画版」を見て背景の理解は万全な上でのプレイ開始です。
話の先が気になって仕方が無かったので、なるべく寄り道はせずにひたすらメインストーリーを進めました(笑)
結果、クリア時間は約28時間で、これはFFとしては短く、オープンワールドゲームとしては十分な長さとだと感じます。

1.最初は頼りないけれど根は強くて優しいノクティス王子
2.どんな状況でも冷静に王子を支えようとする真面目なイグニス
3.パーティーのムードメーカーで、意外と悩みも多いプロンプト
4.荒いが頑張り屋で兄貴的な存在のグラディオラス

映像作品の「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」では戦争の全貌が描かれたのに対し、
ゲームのFFXVでは主に4人の、危機的状況打開に向けてそれぞれの友情や葛藤、覚悟が描かれて行きます。
ゲーム中ではノクティスとメンバー達の出会いやそもそもの関係性が見えづらく、良く把握するにはネットで無料公開中のアニメ映像作品「BROTHERHOOD/FINAL FANTASY XV」を視聴する必要があるのですが、ここは作品の要点のひとつである4人の友情にも関わってくるので、なんとかゲーム中でも描いて欲しかったですね。
他にも惜しい天を挙げるとすると、FF特有のシリアスなストーリー、それから自由気ままに散策が出来るオープンワールドという相対する2つの要素の両立が裏目に出てか、所々でストーリーとゲームプレイの雰囲気が微妙に噛み合ってなかったり、展開が唐突に思えたり、世界の広大さに対してイベントの量が少なく感じたりする箇所がありました。
また、主に主人公の目線で物語が進む為、描かれていない他のルシス側のキャラクター達や、帝国の重要人物達の様子が気になってしまいます。

また、物語の結末が所謂お約束の王道展開ではありません。
しかしこれこそ「FFXV」の物語であり、意図された表現方法なのだと受け入れられる方には短所には成り得ないでしょう。
私も納得出来たユーザーの一人です。
しかし一方で消化不良感も残っていることも事実で、何らかの形で更に多くが描かれる真エンディングのようなものや
エンディングを迎えたその後の話を追加することで、物語を更に深くまで描ききって欲しいという気持ちがあります。

というわけで、シナリオの面でも今後の拡張に期待しています!

総合的に見て素晴らしいゲームであっただけに惜しかった箇所ばかりを挙げてしまいますが
それもほんの些細なものだと思えるほど、本作はゲーム面での魅力を持っています。
モーションやモデリング、会話シーンでの細かな表情の動きにも一切妥協が見られず、SEや音楽は高解像度で重厚でした。
キャラクター達はどれも個性的な魅力を放っていて、ストーリーも要所ではきちんと心を揺さぶる設計になっています。
オープンワールドでは前代未聞な程爽快で戦略的なアクション戦闘、最新技術で細部まで丁寧に描かれた景観は今までの同様の作品が古く思えてしまうくらい綺麗でした。
特に昼夜でそれぞれ情緒の溢れる「オルティシエ」という水の都の作り込みは、デジタルのジオラマとして一生眺めて遊べそうな程だったので、製作者さん達の気が狂っていないか心配です・・・(笑)

パーティーは男性キャラクター4人で、描かれるものは旅と友情とそれぞれの覚悟・・・
FFとしてかなり渋い設計だと思いますが、実際に終盤の展開は渋くて相当カッコよかったです(笑)
それから、FFには欠かせない召還獣に神話やクリスタルといった要素が本編にしっかり関わってきた点も好印象で
今までにない表現方式ではあるものの、核となるFFらしさはきちんと継承されていると思いました。
演出等の雰囲気はいわゆる「洋ゲー」寄りな面が所々で見受けられ、そういう面でも挑戦的な作品だと思います。
名作として今でも語り継がれる過去シリーズ達と比較すると今作がFFシリーズ最高傑作だとは言い切れないかも知れませんが
新しい挑戦をしたFFの一つとして、私はFFXVを評価しています。

10年という長い年月を漂った作品をなんとか完成へと漕ぎ着けられた製作関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。

一ユーザーとしては、本編では描かれなかったノクティス達以外のキャラクターの場面の体験、プレイアブル化
育成の限界突破(現状での有無は未確認ですが)その他のやり込み要素の追加、快適性の更なる向上などなど
せっかくこれほどまでに魅力的なキャラクターや世界が用意されたわけですから、
これからもファイナルファンタジー15の世界を長く深く遊び続けられる拡張に期待したいですね。

(・・・クリア後は気ままに世界を探索中です
ワールドマップ全体は想像していたよりも広く、ストーリー上で立ち寄らない場所でも新たな街やダンジョン、未見のモンスターを発見し続けています。
今後配信が予定されている6つのDLCも予約購入が済んでいるので、そちらも楽しみにしつつ探索に勤しもうと思います♪)

■レビュー

【GOOD】+
・豪華なイベントシーン(特に召喚シーンはシリーズ経験者には懐かしくもあり、鳥肌モノでした)
・生い立ちを知れば知るほど愛着の湧く、個性の際立ったキャラクター達
・視野が限定的ではあるものの、要所ではしっかりと感動の仕込まれたストーリー
・爽快かつ戦略的で、終盤まで飽きずに楽しめる戦闘
・重力や生気を感じさせ、操作していても心地よい丁寧なモーションとモデリング
・世界の雰囲気と一致した高品質な音楽と、それぞれのシーンに合わせた再生方法
・豪華なSEやエフェクトでの環境表現
・圧倒的な景観の作り込み
・ドライブ、または散歩に数多くのシリーズ過去曲を聴けるファンサービス
・装備の変更でグラフィックも変わる武器と服装
・シンプルでわかりやすく、奥が深い育成要素
・釣りやピンボール等、ミニゲームの迫真の作り込み

【BAD】-
・NPCの挙動等の細かなバグ
・ストーリー上で描かれていない部分が多い
・消化不良気味に見える結末


テキトースコア:9 (10点満点中)

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。